アーカイブ 「素晴らしき人との出会い」

2010年 8月 08日

Don't eat alone! よっこのランチ会

8月6日は友人のよっこ(横川裕之さん)主催のランチ会でした!

よっこは同じ大学の出身という事もあり、初対面から
(勝手に)親近感を感じていましたから、彼のランチ会には
極力参加させて頂いています!

爽やかな男なんですが、謙虚で驕った所がない。
そのせいでしょうか、彼の周りには魅力的な人が集まってくるようです。

このランチ会も、回を重ねるごとに素晴らしく、実りの多いものになっています。
また集まる人も素晴らしいばかり。

今回も、
友人の、
たなか彼方さん
取次学さんと久しぶりにお会いできました。

同年代の
あったか社長こと國武栄治さんとは二回目ですが、
もうすでに親友のようになってしまった。

そして今回は、会いたいなと思っていた、
白川仁子(しらかわよしこ)さんとも会う事が出来たのも嬉しかった。

彼女の事は色々な方から佳い評判を聞いていましたが、
その期待を上回るほどご機嫌な人でした。
聞き役に回りながらもしっかりと印象を残す。
そんな事が出来る大人の女性も多くないと思う。

またセミナー集客の、金子欽致さんは
初対面ですが、とても楽しく人懐こい方でした。
あまりお話しできなかったので、改めて時間をとって
お話を伺いたいと思いました。
お酒でも酌み交わしながら(笑)!

そして帰りの電車では
掘英郎さんと一緒に。
この方も成功されていらっしゃるのに
高ぶった所がない。
拙訳書の「オレなら、3秒で売るね!」をお読み頂いたらしく
くすぐったくなるくらい持ち上げて頂いた。
流石、ひとたらしですな!掘さん!!

僕がアル・シーバートに教わったレジリエンシーとは、
ある意味、多様性を心の中に持つ、という教えでもあります。
一つの事に凝り固まらず、色々な見方が出来る事、
そして色々な可能性に心を開いている、という事。

世代や性別を超えて、さまざまなご機嫌な人と
常に出会っていく、という事は
それを可能にしてくれます。

コメント(2)

トップレジリエンシーとは理念お問い合わせブログ