アーカイブ 「Resiliency Essay」

2010年 11月 02日

エスペランザ~希望 チリ落盤事故で学んだこと

カテゴリー Resiliency Essay



先日、素晴らしいニュースが世界中を駆け巡った。

チリの落盤事故で地下700メートルに閉じ込められた33人、その全員が無事に救出されたのだ。
2010年8月5日に落盤事故があったのだから、救出された10月13日は70日目ということになる。

7時間ではない、7日間でもない・・・70日間。想像を絶する時間だ。

極限状態では、生と死の境は、一本のロープに例えられる。
ロープを握り続けられれば生き、手放してしまえば死がある。(In extreme situation, death is like ‘letting go of a rope’ – The Survivor Personality)
それほどあっけないものなのだ、というのだ。

彼らを生き延びさせたものは何だったんだろう?

ニュースを見ていてたまに「これにアル・シーバートだったら何を言うだろう?」と考えることがある。
彼と親しくメールや電話のやり取りをしていた時もそうだったし、亡くなった今はさらにそう思う。
この奇跡のようなチリのニュースは正にそういうものの一つだった。

生き残ることを様々な好条件が重なった故の偶然だ、という人がいる。
しかしシーバートは40年間の研究で「生き残る人は生き残るべくして生き残る」ということを
研究し、証明し続けてきた。

今後、このニュースの真実は少しずつ解明していくことになるだろう。
それを楽しみに待ちたいが、一つ、思ったことを挙げれば、
「生き残る人は、楽観的かつ悲観的、というように一見相容れない性質を併せ持っている」ということだった。

チリの事件では、生存が確認されるまでの二週間余り、想像を超えた極限状況と絶望の中、
彼らを支えたのはまずルイス・ウルスアさんの
「こういう状況では、救助には案外時間がかかるものなんだ。
」という判断であったと思う。

54歳のウルスアは地形測量士でもある学者肌、しかも鉱山勤務30年以上もあるベテランだった。
エキスパートである、その人から「俺たちが考えるよりも救助には時間がかかるものなんだ」
という言葉は、死刑宣告ではなく、「だからあきらめないで希望を持て」という啓示に聞こえたのではないか。

みんなが目の前の、手っ取り早い楽観的に過ぎる希望的観測に縋ろうとしている時に、
あえて、Devil’s Advocate(あえて反対意見を出す人)となって、骨太の、真の希望を持たせようとしたのだ。

希望的観測に縋れば、人は簡単に現実に裏切られ、うちのめされてしまう。
しかし、「そんなもんなのだ」と始めから思っていれば、心の平静を保つことができる。
そして「いつか必ず助け出される」と信念を深く保っていられる。

「生き残る人は、矛盾する感情を自分の中に同時に持つことができる」

PS: 彼らは正に一人一人がヒーローだと思うが、彼らを聖人君子だと思ってはいけないとも思う。
日本人は特に、英雄的な行為をした人が全てにおいて立派であると思い込みやすい。
だから、彼らの中の一人が愛人を持っていた、とか結婚もしないで子供を作っていた、とか
でしらけ、彼らの偉業をさえ否定する傾向がある。

PTAか!文科省の回し者か!

これから彼らの間で金の問題やらお互いの批判やらも出てくるかもしれないが、
そんなものは、彼らが生き延びたという事実の前では「屁のツッパリにもならない」。

大体彼らは多面性をもつサバイバーなんだから。



コメント(2)

トップレジリエンシーとは理念お問い合わせブログ