アーカイブ 2010年5月

2010年 5月 06日

生き残る人の心理学

カテゴリー 生き残りの心理学

僕には保険代理店の経営者と言うもう一つの顔があります。

特に損害保険という商品の性格上、色々な事があります。事故の対応が仕事の大きなウェイトを占めますから、自ずから、事故や災難への興味が湧いてきました。

特に災害時の究極的な局面で、人間はどう行動するか、という災害心理学への興味を持つようになりました。
それが、「生き残りの心理学」の研究家であったアル・シーバートとの出会いを演出してくれたのですから、本当に人生分からないものです・・・・(遠い目)。
最近Psychology Today(現代心理学)という雑誌に、災害時に役立つ心理学と言う記事が有ったので、ちょっと紹介しましょう。

2010-05_rev
まず紹介されているのはスキー中に遭難した男性の話。

おまけに足を骨折していたそうです。

何と救出されるまでに、極寒の中、9日間(おいおい!)生き延びていたというのだから、安宿のエレベーターで6時間閉じ込められて以来、閉所恐怖の気があるオイラは聞くだけで失禁してしまいそうです。

そんな中、彼を救ったのはパニックにならず、心の平静を保てたという事。極限状況の中、「このまま人生が終わるのなら、俺はどんな人間でありたいか」と自問したそうです。 
死の恐怖に心の焦点を合わせるのでは無くて、雪に反射する美しい陽の光、小鳥のさえずり、雲の動き、そんなものに合わせていった。
「死ぬ恐怖を考えない事で、自分の心は、今・ここに集中していた。今・ここに集中しているから、諦め、を考える事もなかった。」

しかし、こういう話は、「ふーん、なるほど!」と感心する事はあれ、あまり共感できないような気もする。
余りに立派すぎるような気がしないでもない。

僕が共感でき、これだ!と膝を打ったのは次の話です。

実は、極限状況に置いて、自分ではない力が出てきて、超人的に振る舞えるという事はない。
いつもの自分で立ち向かうしかないのだ、
と言います。
自分がいつもやっている事が、そんな場面にも出てきてしまう。
良きにつけ悪しきつけ、僕らはその意味では常に災害の予行演習を知らず知らずにしているというのです!!!

例えば、車の運転中に、ちょっとした事にイライラしてどなり散らし、荒い運転をしてしまう。
そんな人が、大変な状況で、的確に状況を判断し、冷静にそれに対処する。
そんな事が出来るでしょうか?

・・・・と言われてみれば、その通りです。訳もなく謝ってしまいたくなりました(笑)。

だから、ちょっとした時、コンビニで横入りされた、デニーズで注文を取りに来ない(!)、ような時に少しずつ訓練を積んでいく、という風に考えるといいようです。

それと、自分だけが生き延びる、と考えるだけでなく、他人に手をさしのばせる人である事も大切なようです。
自分のことだけでなく、周りを考える「余裕」がいいんでしょうね。

とにかく、そんな極端な状況をイメージし、日常生活でリハーサルしておく、そんな事がイザ、という時とても役に立つようです。
[Source: Crash Course by Jay Dixit]

51E7TJ1Z4YL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_

PS: 興味を持った方は、拙訳書『逆境に負けない人の条件』を読んでみてください。
きっとヒントが得られると思いますよ。今ならアマゾンで安いです。

PPS: GW明けでちょっと「辛いなぁ」と感じているあなたにも。

コメント(7)

トップレジリエンシーとは理念お問い合わせブログ