2010年 1月 29日

現実に対応するにはどうするべきか?

カテゴリー 未分類

保険屋さんという職業柄、僕はいつも(これでも)意識している事がある。それは、事
において逃げないで対応できる存在でありたい、という事です。

こう書くと、物すごーく、いやらしいのですが、別に僕がそうだ、と言っているわけでは
ありませんので念のため。

僕は生まれつきとても臆病だと思っています。それを隠そうとして、粗暴なふりをしたりもしました。
だけどその臆病さのおかげで、どうにか自分に自信をつけようと色々と学ぶ事が出来たと持っています。
例えば、

『有事斬然 無事澄然』という言葉。
中国の六然、人の六つのあり方というのでしょうか、その中の一句です。
『ひとたび事があれば颯爽と対応するし、何もない時はゆったりと構えている』
そんな意味だと思いますが、これ、素敵だと思いません?

大体、この反対の人が多すぎる!何もない時は威張り散らしているけど、そんな人は
何かあるとトイレに逃げてたりするんですよね。

人間はもともとそんな強いものではない。勿論弱いものでもない。
心をどこに置くかで強くも弱くもなると思うのです。

そんな思いを持っている僕がいつも気をつけたい、と思っている事は、

何か事が起こる(外界)
   ↓
何が起こってるのかを把握し、観察する(内面) 
   ↓
それに最も適切に対応する(内面)

という事。

これに比べ、

何か事が起こる(外界)
   ↓
何でこんな事が起こるのかと戸惑う(内面)
   ↓
機能不全に陥ってしまう(内面)

という事が起きる事がある。

僕自身も以前、目の前が真っ暗になるくらいの不意打ちで
衝撃的な事が起こるのを経験しました。

その時には、どうしても、「何故」~ WHYを考えてしまう。
だけど、そこからは、WHYの無限ループが始まり、
被害者意識に凝り固まって、うずくまってしまう事になる。

まず、「何が起こっているのか?」、
また、「何は起こっていないのか?」
という「何」~WHATに直ぐに心のベクトルを向けたほうがいい。

何故、を考えるな、というわけじゃないんです。
それは、その後に、きっと、
いくらでも、
考える時間があるでしょうから。

コメント(6)

コメント(6) “現実に対応するにはどうするべきか?”

  1. 尾崎綾子on 2010年1月29日 at 10:32 PM
    >「何は起こっていないのか?」
    事が起きたときに、この発想が出来るかどうかが分かれ道ですね(^0^)
    どうしても、問題にばかり目がいってしまいがちなので・・・

    WHATに心のベクトルを向ける!
    私も心がけていきたいです\(^_^ )( ^_^)/
  2. のじみちよon 2010年1月31日 at 7:58 PM
    [ひとたび事があれば颯爽と対応する]、って、
    そう簡単にはできませんが、
    これができたら、とっても素敵ですよね(^^)
    レジリさんは、これができる、素敵な男性だと思います(v^ー゚)
  3. 『パソ塾』取次学on 2010年2月03日 at 1:10 AM
    有事斬然 無事澄然・・・。

    う~ん。そうありたいものですね(>θ<)(^^(笑)
  4. adminon 2010年2月06日 at 2:55 PM
    尾崎さん、

    早速のコメント、有難うございました。

    >「何は起こっていないのか?」
    >事が起きたときに、この発想が出来るかどうかが分かれ道ですね(^0^)
    >どうしても、問題にばかり目がいってしまいがちなので・・・

    案外、問題を前にうろたえ自滅してしまう事があるような気がしているんです。
    少なくとも、僕にはそんな事がありました。だから、やはり状況をしっかりと見て
    「問題を過大評価」も「自分の力も過小評価」もしない。

    そんな事って大切ですよね!

    のじさん、

    >[ひとたび事があれば颯爽と対応する]、って、
    >そう簡単にはできませんが、
    >これができたら、とっても素敵ですよね(^^)
    >レジリさんは、これができる、素敵な男性だと思います(v^ー゚)

    ・・・って過分なお言葉、有難うございます。
    「これができる」かどうかは、ちょっと????ですが、
    「素敵な男性」というお言葉はしっかりと頂戴いたします(*^^)v

    取次さん、

    いつもありがとうございます。
    いやいや、取次さんのいつも冷静で客観的なものの見方は
    かなりこれに近いかと思いますよ(^O^)/
  5. 野地一成on 2010年4月20日 at 11:49 PM
    有事斬然 無事澄然
    いい言葉ですね.組織の長にあるべき姿ですね。
    肝に銘じます.
  6. adminon 2010年4月22日 at 12:25 AM
    野地さん、

    コメント有難うございます!

    実はこの言葉(六然という言葉です)、
    この後、

    失意泰然
    得意淡然

    と言う対になる言葉が続いていて
    こちらの方が人口に膾炙していますが、

    僕は
    有事斬然
    無事澄然
    というこちらの対の方が断然気に行っています。

    颯爽と生きる、というのはこういう事だ、とズバリ言っているような気がしませんか?

コメントを残す

トップレジリエンシーとは理念お問い合わせブログ